ハンドブレンダーを使ったことがありますか?
ヘッド部分を変えるだけで、つぶす、混ぜる、刻む、泡立てるを一台でこなしてくれるのがハンドブレンダーです。
ポタージュスープや玉ねぎのみじん切り、スムージーも簡単に短い時間でできるすぐれモノをご紹介します。

クイジナート(Cuisinart)は、アメリカでは調理器具の代名詞として、知名度の高いブランドです。
ハンドブレンダーはもちろんのこと、フードプロセッサーやハンドミキサー、コーヒーメーカーなども有名です。
お料理好きの方には知られているブランドですよね。

【Cuisinart/クイジナート】 スリム&ライト マルチ ハンドブレンダー ホワイト HB-500WJ


クイジナート社のハンドブレンダーは軽いので、なにをしても、手がつかれたなんてことはありません。
「つぶす・混ぜる」「切る・刻む」「泡立てる」の3役をこなし、調理時間の短縮にも役に立ちます。
生クリームも専用カップを使うと、約30秒でたてることができます。

使い方としては、専用カップまたはお鍋などにブレンダーを差し込むだけです。
みじん切りもあっという間にできてしまいます。
フードプロセッサーを出すほどでもない、少量のみじん切りに最適で、フードプロセッサーよりも片付けがらくらくです。

わが家では、娘が小さなころの離乳食づくりのときから使っています。
離乳食は少ない量なので、この大きさがベストでした。
クイジナートのハンドブレンダーを使うようになってから、フードプロセッサーの出番は激減しました。

娘が大きくなってからは、なんちゃってポタージュスープをつくるのに大活躍です。
例えば、野菜たっぷりコンソメスープが残ったら野菜のポタージュ、ミネストローネスープが残ったらトマトのポタージュが翌日のメニューです。


よくつくるのは、かぼちゃのポタージュスープです。
わが家はみんな、かぼちゃの煮つけはホクホクしたほうが好きで、水分の多いべちゃっとしたのは好きではありません。
でも、かぼちゃは煮てみないとどんなかぼちゃかわかりませんよね?
煮てみてべちゃっとしていたら、そのままポタージュです。
お鍋のままハンドブレンダーでつぶしながら混ぜまると、あっという間にトロトロになります。
そこに、生クリームがあればいれ、なければ豆乳とコンソメを少し入れれば、おいしいかぼちゃのポタージュができあがります。
豆乳があまり好きではない娘も、ポタージュスープにしてしまえば豆乳を飲んでくれるのです。

使うときの注意としては、あまり固いものは入れないほうがよいです。
それから、ハンドブレンダーを引き上げるときは、完全に動きが止まってからにしてください。
気をつけないと飛び散ってしまいます。

お手入れが簡単なのも、ハンドブレンダーをついつい使ってしまう理由です。
本体からブレンダーシャフトを取り外して、洗うだけです。
粉砕する部分は刃ですから、充分な注意が必要です。
油分の多いもののときは、付属カップにぬるま湯と数滴の洗剤を入れて、ブレンダーを差し込み、回して洗浄すると、あっという間にきれいになります。

【Cuisinart/クイジナート】 スリム&ライト マルチ ハンドブレンダー ホワイト HB-500WJ

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中
おすすめの記事